traderx (Busby)'s diary

ばずび〜さん家の日々

家庭菜園を通じての意外な収穫

月初に知り合いグループにはプライベートで送った、ささやかなTraderXの夏休みノ報告書です。

 

身近なことから相場の勉強につながるのだとつくづく実感した次第です。

 

今年の初夏から、庭でささやかな菜園(3畳くらい)を始めたのは、お知らせしているとおりですが、意外な『収穫』がありました。
知り合いが熱海の別荘で、大きく畑をやっているので、トマト、キュウリ、バジル、などの苗を頂きました。それに加え、ナス、鷹の爪、パクチーローズマリーイタリアンパセリ、なども植えています​。
もともと、こういった物を日々手入れするのは性格的に向いているのかな、と言う気もしていましたが、なるほど当たっていました。結構はまっています。
運良く、庭師の方が最初の畑作りを指導してくださいました。これは、まず庭の古い芝や草を取り除き、クワで大まかに耕し、黒土、石灰、少量の炭(微生物の住処になるそうです)を混ぜ、耕運機で細かく土を作る作業です。こうして、自分では良質な土ができたと思っています。労働力は全て僕でしたが、機材、ノウハウは全て庭師の方が無料で提供してくださって、とてもありがたかったです。

さて、いろいろな苗を植えれば、ある程度は水をやって、雑草や虫を取り除けば、お日様のおかげでスクスクと育ち、収穫できます。

他方、種まきから始めると、芽が出てきてから、出てきた芽を間引いたり、まとめたり、といろいろな作業があります。ネギやパクチー、ハーブ数種類は、種から育てています。

6月中旬から下旬に植えだしたので、まだ2ヶ月ですが、細々と収穫もできました。その間、とても良い、意外な『収穫』がありました。

先天的なものなのか、後天的なものなのか、はたして鼠年生まれというのが関係しているのかは不明ですが、僕はとにかく物を『大事』に『貯めこむ』傾向があります。ご存知の通りですが、これは相場への参加の仕方にも現れていると思います。ポジションを大事に育てて、自分でもアホじゃないかと思うぐらい長期で溜め込みます。平均すると、利が乗っているポジションの保有期間は3ヶ月強です。損切りは原則とても早いので、トレンドに乗ると長期戦、と言う感じです。

さて、話が前後しましたが、種を蒔いて、芽が出て、密集して生えているところを『間引く』。この作業は、ある意味、『損切り』に似ています。放置しておけば、出てきた芽(ポジション)が、栄養を取り合って、全滅しかねないからです。僕は、この作業が滅法得意です。結構気前よく、間引きます。(その後、学習したのですが、種は袋に入っている量を一回で投入する必要はなく、段階的に蒔いたほうが、間引く量も減り、収穫のタイミングが重ならず、効率的に収穫できます。なにしろ、いくら好物でもパクチーが大量に採れても消化しきれません。近所の洒落た飲食店に分けるので廃棄はしませんが。)

さて、僕が際立って下手なのは『収穫』だということが、明らかになりました。これはご指摘のとおりなのですが。。。特に顕著に現れたのが、イタリアンパセリなどの葉っぱ物です。キュウリやトマトは、ある程度勝手に実が生り、ある程度熟したら収穫すれば良いですし、キュウリは放置しておけば、巨大になり、とても食べられないスカスカのキュウリになりますし、トマトは熟して勝手に地面に落ちていきます。

葉っぱ物は少々違うようです。イタリアンパセリを大事に育て、日々大きくなるのを、ポジションの含み益が育つような感覚で見届けていました。『もっと大きくなるのではないか』、とか、『今、収穫しちゃうと、またこの大きさになるには時間がどのくらいかかるのか?』など、どことなく、ポジションに対して持つのと似た感情でした。

そんなある日、『天敵』が現れました。

それは必殺『家人』でした。

家人は、イタリアンパセリを料理に使うと言い、僕が手塩にかけて育てていたイタリアンパセリを、『バッサリ』と、『収穫』しました。

一瞬にして、イタリアンパセリは、俳優の佐藤浩市の頭ぐらいから、俳優の温水洋一の頭みたいになりました。

もう、真っ青です。

『かわいいイタリアンパセリがぁ!』

その後も、丁寧に(半ばあきらめぎみに)面倒を見たところ、なんと、ものの数日でイタリアンパセリは回復し、前の状態よりはるかに大きく成長しました。

これを、お世話になった庭師に聞くと、ものにもよるが、葉っぱ物は適度に収穫しないと育たないと、言うことでした。

これを機に、バジルや他の葉っぱ物を、収穫したところ、全て以前より大きく、強くなり、結果収穫したことで、収穫が更に増える、ということに気が付きました。よって、収穫の頻度も上がり、効率的になる。収穫することで、収穫が増えるってことですね。

この事変は、7月末です。その後、少しですが、ポジションとの付き合いも良い方向で変わってきた気がします。